新之助上布と麻の着物 Q&A

新之助上布に関しての疑問等を、Q&A形式でまとめてみました。
ご不明な点などありましたら、問い合わせフォームよりお気軽にお尋ねください。

【質問一覧】
新之助上布のお手入れ方法は?自宅でも洗濯できますか
麻の着物は、どのようなシーンで着るものですか
麻の着物は、何月に着れば良いですか
「着尺」とは何ですか
ショップで買った着尺の加工や仕立てもお願いできますか
新之助上布の着尺からは、どれくらいのサイズの着物が仕立て可能ですか
仕立てる際の注意点はありますか
新之助上布には男物はありませんか

新之助上布と近江上布の違いはなんですか
新之助上布に使われるラミー麻とはどのような素材ですか
売り切れた柄が欲しいです
実際手にとって見たいのですが、実店舗はありますか


新之助上布の着物について

Q.新之助上布のお手入れ方法は?自宅でも洗濯できますか

A.新之助上布の麻、綿麻の生地はご家庭で洗濯が可能です。最初に水を通すときに生地がちぢみますので、仕立てをされる際は仕立て前に水通し、湯通しなど縮み止めの加工をお願いいたします。
お洗濯の際は中性洗剤などを使い、手で優しく押し洗いをしてください。洗濯機の激しい水流で洗うと生地が大きく縮んだり、着物では縫い目に負担がかかる恐れがあります。染料には化学染料を使用しておりますので色落ちの報告はこれまでありませんが、ご心配な場合は他の洗濯物とは分けて洗ってください。
脱水は洗濯機の脱水機能でも大丈夫です。少し滴るくらいの軽めの脱水にとどめ、着物ハンガーにかけて干しますと形も整い、水分の重みで洗濯じわも伸びます。退色を防ぐため、陰干しをお勧めします。生地が縮んだり風合いを損なう恐れがありますのでタンブラー乾燥はおやめください。
麻着物の着用時のシワは麻布の風合いの一つでもありますが、洗濯するほどでもない時に着ジワが気になる場合は着物ハンガーにかけ霧吹きで軽く水分をかければシワが自然に伸びます。新之助上布の生地は表面に「ちぢみ」と呼ばれるシボ加工が施されています。シボをつぶさないよう、きついアイロン、スチームアイロンのご使用はお控えください。またブラシも表面が毛羽立ちますので使用を避けてください。
もしもクリーニングに出される場合は、仕上げのプレス加工などで生地のシボが取れてしまう場合があるようですのでちぢみ生地の扱いに慣れたお店を選ぶなどご注意ください。

麻は本来水に強い丈夫な素材です。お洗濯を繰り返すうちに、生地の風合いも、身体に寄り添うようなしなやかさに変化していくのをお楽しみいただけると思います。どうぞたくさん着て、たくさん洗ってあげてくださいね!
ショップブログでは画像付きでお洗濯の様子を紹介しています。こちらからご覧くださいませ。
また、その他着物以外のアイテムについてはポーチなど一部アイテムは洗濯不可となります。商品ページにも洗濯表示を記載しておりますのでご覧くださいませ。

Q.麻の着物は、どのようなシーンで着るものですか

A.麻の着物はフォーマルウエアではありません。手織り、機械織りともに普段着として、カジュアルシーンでお楽しみください。普段の生活の中で気軽に着ていただきたいと思っています。
名古屋帯を合わせれば、きちん感のあるワンピースのような感じ。半幅帯や兵児帯でTシャツとジーンズのように楽しむのもいいと思います。また、本麻や綿麻の着物を浴衣の替わりにお召しになる方も居られます。ただし本麻の生地は薄手なので、色柄によっては透け感があるものも。濃色や柄ものをチョイスしたり、肌着で透け対策をお願いします。また、本麻生地は綿麻よりも肌あたりは固くなりますのでお肌の弱い方はご注意ください。

Q.新之助上布の着物は、何月に着れば良いのですか

A.着物には季節により着る素材や仕立て方を変える、「衣替え」というルールがあります。洋服にも学校や会社の制服などでは衣替えがあると思います。基本的には10月〜5月の秋冬に袷の着物、6,9月の初夏、初秋に単衣の着物、7,8月の盛夏に夏着物を着ます。ただ近年は気候の変化で温かい時期が比較的長くなっていますし、その年ごと、また地域によっても気候には違いがあります。フォーマルシーンでは厳密に衣替えを守ることも多いですが、普段の着物の場合は気候に合わせ体感で半月〜ひと月ずらしても構わないと思います。
新之助上布では、麻の着物と綿麻の着物をご用意しています。麻100%の着尺は、薄手で少し透け感があり見た目にも涼しげです。こちらは7,8月の盛夏(+前後一月ほど)の夏着物として。綿麻の着尺は麻のみのものに比べて厚みがあり、透け感も控えめ。こちらは6〜9月(+前後一月ほど)の単衣の季節に向いています。綿麻生地を着物として真夏にお召しになるのは、生地に厚みがある分個人差があるかと思いますが、透けない分中に襦袢を着ずに先染め柄の浴衣としてお召しになるのも良いと思います。

Q.「着尺」とは何ですか

A.「着尺」とは、お仕立て前の着物用の反物のことで、このままでは着物として着ることはできません。すぐ着られるよう着物になった状態で売られているものは、「仕立て上がり」や「プレタ」と呼んだりします。洋服の感覚からすると仕立て上がった状態で売られているのが普通ですので、反物は少し取っつきにくい感じがするかもしれません。ですが反物から仕立てると自分の体にぴったりの着物を作ることが出来ます。マイサイズの着物は着付けもしやすく、着ていても崩れにくいので着心地良く着ていただけると思います。
反物を着物に仕立てるには、反物の加工代と仕立て代が別途必要です。麻の着物の場合は自宅での洗濯を想定して、最初に”湯通し”や”水通し”の加工を行い、それから希望のサイズに仕立てます。麻、綿麻の着物は裏地の付かない「単衣」に仕立てます。浴衣などをご自分で縫える方なら、自宅で水通しをして、自分でお仕立てされる方もいらっしゃいます。

Q.ショップで買った着尺の加工や仕立てもお願いできますか

A.当店はメーカーの直接販売のため、お客様の採寸・サイズ出しは承っておりません。既成サイズで良い、またはご自分の寸法がお分かりの場合は、サイズオーダーでお仕立てを承ります。詳しくはショップの商品一覧よりお仕立てメニューをご覧下さい。また、ご希望があれば地域によって当店と取引のある着物屋さんをご紹介することもできます(東京、大阪など)。この場合の仕立て代等の条件は紹介先のお店によって異なります。

Q.新之助上布の反物からは、どれくらいのサイズの着物が仕立て可能ですか

A.新之助上布の反物サイズは縮み加工の仕上がり具合などで商品ごとに少しづつ異なりますが、幅39cm、長さ13,5mの標準的な本麻の反物では、水通しをして仕立てて裄72cm、身丈170cm程度までが目安です。

Q.仕立てる際の注意点はありますか。

A.仕立てた着物をご自宅でお洗濯されることをお考えの方は、仕立て前に必ず縮み止めの加工をお願いいたします。水や湯に通して糊をとる「水通し」や「湯通し」という加工が一般的です。(蒸気を当てる「湯のし」とは別です)仕立てに出す際に一緒にお願いできることが多いですが、当店でもお買い上げの反物の加工のみも承っています。ご自分でお仕立てされる方には、自宅で水通しをされる方も居られます。
ただし加工を終えた生地でも、ご家庭でお洗濯をされるとさらに縮む可能性があります。生地の色柄により縮みやすさは違い、また、加工時にあらかじめどれくらい縮ませておいてくれるかが違うので、ばらつきはありますが、加工後の生地の縮みは縦方向に0〜2%程度を見込んでいます。
麻の特性として、糸の伸縮性が綿ほどはありません。最初にしっかりと縮めて仕立てれば、それからはお洗濯を繰り返してもひどく縮む事はありません。

Q.新之助上布には男物はありませんか

A.新之助上布は素材や色柄により39〜41cm程度と幅広めの商品もございます。男女を問わず着ていただけるデザインもたくさん生産していますので、男性の方もどうぞご検討ください。


新之助上布について

Q.新之助上布と近江上布の違いはなんですか

A.「伝統的工芸品の近江上布」としての指定を受けるためにはいくつかの細かい条件を満たす必要があるのですが、新之助商店で生産している伝産品の近江上布の条件には、・苧麻(ここではラミー麻)を使っていること ・羽根巻きをして ・型紙捺染で絣の絵柄付けをすること ・耳印を合わせながら織ること などがあります(伝産が指定する絣づけの技法には他の方法もあります)。機械織りでは上記の方法で絣を織ることはできませんので、伝統的工芸品としての近江上布の認定は受けません。
ただ「伝統的工芸品指定を受けた手織りの近江上布」も、「麻100%の機械織りの麻ちぢみ地」も同じ近江上布の伝統工芸士が、同じ素材を使って、同じ工房内で織っています。…ちょっとややこしいですね。結局新之助商店では工房で生産する全ての麻織物に、オリジナルブランドである「新之助上布」という名前を付けることにしました。機械織りの反物は、近江上布の織り元が作る”新之助上布”、手織りの反物は”新之助上布”でもあり、また”伝統的工芸品の近江上布”でもあるのです。
どちらも職人が精魂こめて作りだす麻の織物、気軽に手にとって楽しんでいただけると嬉しいです!


Q.新之助上布に使われるラミー麻とはどのような素材ですか

A.麻というとリネンをイメージされる方が多いかもしれません。新之助上布はじめ、着物地に使われる麻はラミー(苧麻)といってリネン(亜麻)とは種類が違います(服の表示では、同じ”麻”に分類されます)。衣料に使われる麻には他にヘンプ(大麻)などもあります。
リネンもラミーも、糸の太さや仕上げの加工などで肌触りがずいぶん違ってはきますが、ラミーはリネンよりも毛羽が立ちにくく、しゃきっとした風合いがあるように思います。新之助上布の本麻生地では、100番手という細い糸を使用しています(手芸屋さんなどで手に入るリネンの生地などは20〜60番手くらいが主流のようです)ので、シャリ感とハリ感の中にも軽くしなやかで爽やかな風合いを感じて頂けると思います。
しなやかさが特徴の新之助上布、とはいえ綿のように素材自体が柔らかいわけではありませんので、中には直接肌に当たったところが赤くなったりという方も居られます。心配な方はまずは半衿などの小物などで肌触りなどをお確かめいただければと思います。

Q.売り切れた柄が欲しいです

A.機械織りの生地のほとんどは、異なった複数の色柄を一台の織機で同時に織る方式で生産しているため、出来上がる反物は基本的に一柄一反のみとなります。このため過去に生産した色柄を”一反だけ”再現して織るのは非常に難しいとお考えください。
シーズンごとに表情を変える新之助上布。一期一会の出会いを楽しんでいただければ嬉しいです!

Q.実際手にとって見たいのですが、実店舗はありますか

A.申し訳ございません、新之助上布の実店舗はございません。一部の小売店様とは直接取引をさせて頂いております。新之助上布取り扱い店舗はショップのリンク集のページでご覧下さい。
また年数回、東京・大阪の百貨店やギャラリー等で展示会を行っておりますので、お近くで開催の際はぜひ足をお運びくださいませ。手織り・絵がすりの着尺をお持ちすることもあります。ネットショップには載せきれない色柄違いの反物、小物類など、たくさんご用意してお待ちしております。
展示会やイベントなどの情報は随時公式ページやウェブショップ、ブログ、SNS等でご案内しております。ご希望の方には案内状もお送りいたしますので、ご連絡ください。
もちろん直接工房にお越しいただいて商品をご覧いただくことも可能です。見学をご希望の方はお問い合わせからご連絡くださいませ!



※新之助上布のHPやウェブショップの文章を無断で転載されているケースを見かけます。ウェブショップ、ショップブログ、ホームページの文章や写真を無断で転載することはお断りいたします。掲載されている文章をお使いになりたい場合は当店まで連絡の上、元記事へのリンクをお願いします。

更新2018.10

ショッピングカートを見る
  • マイアカウント(会員情報確認・変更)
  • ウェブショップでのお買い物方法


  • Staff スタッフ紹介

     

    お越し頂きありがとうございます。webshop担当の藤岡です。新之助上布ウェブショップでは、滋賀県彦根市で伝統的工芸品「近江上布」を製造する大西新之助商店のオリジナルブランド、”新之助上布”の製品を工場からお買い求めいただけます。ふだん着の麻織物、新之助上布をたくさんの方に手に取って頂ければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

    Blog ショップブログ


    新之助上布ショップブログ

    News letter メールマガジン


    入荷情報やイベント案内をメールでお届け!
    毎月1回、10日前後発行。
    メルマガ登録・解除はこちら






    ショップの入荷情報、新之助上布の最新ニュースなどSNSでいち早くお知らせしています♪



    ケータイ・スマホでもご覧いただけます。